スポーツ科学を活用の運動能力測定・指導で未来アスリート育成・かけっこ教室

測定機器 紹介

  • HOME »
  • 測定機器 紹介

 

チーム測定・運動能力分析・SPASかけっこ教室にて使用している機器をご紹介いたします。

ご紹介する測定機器は、測定だけではなくトレーニングにも使用しています。

運動能力分析・パフォーマンス向上・コンディション管理等、様々な分野にてご活用いただけます。


【主な測定種目】各種スプリントテスト/歩行分析/視覚反応ジャンプ 等

ラボ並みのデータをフィールドで取得できる、実践スポーツ科学の最新鋭機器
設置面から3mmの高さに約1cm間隔で配列された光学センサーにより、
走る・歩く・跳ぶ・止まる等々の運動パフォーマンスのデータを、リアルタイムに収集・分析するシステム。
走るスピードは「ピッチ」×「ストライド」
「ピッチ」は接地時間と滞空時間から成ります。
走るスピードを上げるために必要なこれらの指標をリアルタイムで正確に知ることが
できる。目では確認できないスプリント時の左右差(左足がブレーキになっている等)
加速が伸びにくい、スタートダッシュが課題等、スプリントの特徴がわかる。
トレーニングのポイントを絞り、個人に応じたプログラムを作ることが可能。
リアルタイムフィードバックで客観的な動きの結果を知ることができ、
スキル改善のための最高のアナリストとなる。

【主な測定種目】各種スプリントテスト/各種アジリティテスト 等

光電管とリフレクターを三脚に装着し、選手がセンサーを通過するとタイム計測が開始される。
ゴールまでのゲート通過回数などを設定して、思いのままのテストを作成することが可能。
「走る」トレーニングの目的は、短距離・長距離に関わらず、スピードアップ!
各種スポーツに必要な3m、5m、7m、10mといった短い距離のタイムを、
正確に測定するためには、精度の高い光電管が必須となる。
正確なタイムを追求することで、何気なく走っている日々のダッシュが、
0.1秒にこだわる質の高いトレーニングとなる!

【主な測定種目】上肢回旋テスト/チェストスロー/オーバーヘッドスロー 等

加速度計・ジャイロスコープ内蔵「Ballistic Ball」(バリスティックボール)メディシンボール
競技パフォーマンスにとって重要な高速パワー発揮能力向上の手段として様々な競技で用いられています。
「動作の最後まで加速できる」点と、「回旋を伴う動作のトレーニングができる」という点で、
高度な競技特異性を実現。(野球・テニス・ゴルフ等)
回旋動作以外にも測定項目があり、「投げる」動作において様々な測定が可能。
個々人の筋力/パワー発揮の特性が明確になり、トレーニング課題やトレーニング目標の設定に大きく貢献!!

【主な測定種目】各種ジャンプトレーニングテスト/筋プロファイル作成 等

小型3軸加速度センサー内蔵の携帯サイズのコンパクトな形状に
パフォーマンス評価のための7つのテストを搭載!
トレーニングの負荷設定、各種ジャンプ能力で、各種競技に対応。
テストはトレーニング経験に合わせたレベルの選択も可能。
優れたジャンプ力はそれ自体のパフォーマンスの目的となるだけでなく、
下肢の様々な機能を調べるために非常に重要な運動能力です。
例えば走動作は片足交互の連続ジャンプ動作ですので、片足のバネの能力を知ることは、
走動作の改善にも有益。
このような項目を分析するためには、精度の高い計測デバイスが不可欠!

【主の測定種目】反応時間/反応スプリントテスト/各種反応アジリティテスト/自立シーケンステスト 等

視覚による反応能力の向上とアジリティー改善のためのワイヤレストレーニングシステム
スポーツ競技場面の多くは何かに【反応】して実行します。
走るのが速いのになぜかプレーが上手くいかないという原因が反応能力にあることもあります。
【反応】には、シグナルが出たらスタートするといった「単純反応」以外に
複数の選択肢から正しい動きを瞬時に判断する「選択反応」などがあり、
WITTY-SEMを使えば競技場面で必要な種類の反応テストをオリジナルで作成することが可能。
【反応】には、シグナルが出たらスタートするといった「単純反応」以外に
複数の選択肢から正しい動きを瞬時に判断する「選択反応」などがあり、
WITTY-SEMを使えば競技場面で必要な種類の反応テストをオリジナルで作成することが可能。

 

【主な測定項目】フィールド競技やコート競技での「走行距離」「スプリント回数」「加速減速回数」「プレーエリア」等

GPSなどの衛星情報を用いて、サッカーなど屋外チームスポーツの戦術・フィジカルデータを取得し現場で有効活用するためのシステム。
ビブスの上背部ポケットに挿入されたわずか45gの受信器だけで、試合や練習後ただちに必要な情報を入手することができ、
個々の選手の活動度やコンディショニング、トレーニング成果等をより客観的、正確に把握することが可能。
各競技では競技特有の持久力やスピード、加速・減速能力が要求されます。
総移動距離、スピードゾーン別の移動距離、加速や減速の大きさと回数、さらに生体に対する生理学的な負担度がわかれば、
トレーニング負荷をより的確にコントロール可能。
スイスサッカー協会はじめ多くの組織やクラブで活用されています。
ヨーロッパ、北南米、アフリカ各国のナショナルチームプロチームで採用されており、
Jリーグではすでに複数のクラブで使用されています。FIFAの公式戦で使用するために必要なIMS認定も取得。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 0467-62-0330 受付時間 :平日〔水曜日以外〕月、火、木、金:
      9:00~17:00

PAGETOP
Copyright © 株式会社スポレングス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.