昨年のボーイズリーグ(日本少年野球連盟)全国大会で準優勝を果たした強豪クラブ「湘南クラブ」の定期測定会を行いました。

「湘南クラブ」は、スポーツパフォーマンス測定を継続的に実施されており、各選手の運動能力評価、トレーニングプラン作成などに役立てて頂いております。

10mスプリント測定①
スタートスピード、トップスピード等のデータや、一歩一歩の秒速とその左右差等のデータが取れます。
spm_shonanboys201502_002

10mスプリント測定②
spm_shonanboys201502_006

ジャンプ力測定
ジャンプ力/バネ力/スティフネス等のデータが取れます。
spm_shonanboys201502_003

敏捷性測定①
走塁に必要なアジリティー(敏捷性)に関するデータを計測
spm_shonanboys201502_004

敏捷性測定②
アジリティー測定では直線的なスピード能力の他に、急激な方向転換や停止に伴うバランスの維持能力が重要なファクターとなる
spm_shonanboys201502_005

視覚反応測定①
野球の守備で重要になるボール等の動きに反応する能力を測定
spm_shonanboys201502_001

視覚反応測定②
PC上の図の色が変化した瞬間にジャンプします。
spm_shonanboys201502_007

視覚反応測定③
反応時間だけでなく跳躍高も同時に測定。視覚反応時のパフォーマンスについても評価 することが出来ます。
spm_shonanboys201502_008

運動能力測定結果
年齢、性別、身長、体重等をベースにした偏差値や、個人の身体能力や運動能力が分析結果として分かります。

spm_shonanboys201502_009

従来の測定では計れなかった詳細なデータを元にすることで、「スタートダッシュ力はるが、加速力が弱い」
「バネ力があるので、まだ加速力を伸ばせるポテンシャルがある」など、個人の体力特性や現状の課題が浮き彫りになります。

そろそろ新学年がスタートする季節、是非、新入生の運動能力測定や、選手マネージメントの一貫としてスポーツパフォーマンス測定を取り入れられてはいかがでしょうか?