Home » スポーツパフォーマンス測定

スポーツパフォーマンス測定 

sportsperformance
スポーツ科学による分析を行うことで、運動能力の因果関係や、ライバル選手がなぜ強いのか?
自分はどうやったら強くなれるのか?
など、今まで分からなかったスポーツパフォーマンスの仕組みがわかってきます。

b_simple_4_0L

例えば、

sprint

運動能力を構成する様々な要素と、それらの相関関係を知ることで、何を鍛えれば目標とするパフォーマンスが得られるかが見えてきます。スポーツ科学が指し示すエビデンス(科学的根拠)をもとに、自分にあったトレーニングの取捨選択を行い、成長への近道を見つけましょう。

b_simple_4_0L

sokuteicycle

スポーツ科学的なトレーニングを始める前に、まずは測定を行って自己の運動能力を把握しましょう。
そこでオススメするのが「スポーツパフォーマンス測定」です。

b_simple_4_0L

spt_title

title-spm-run
spm-run
すべてのスポーツの基本となる「走力」を測定します。単なるタイムだけではなく、光学センサーシステムで一歩ごとのスピードやストライド、ピッチを調べることによってより速く走るための改善ポイントを見つけることができます。改善点がわかれば、トレーニングの方向性も決まります。
title-spm-jumpspm-jump 様々なスポーツパフォーマンスと関連する2種類のジャンプ能力を加速度計測装置を用いて詳しく調べます。一つ目は素早い反動を使って高く跳ぶジャンプ力で、脚のパワーを調べます。もうひとつは連続ジャンプで、素早く力を連続で発揮するバネ力を調べます。それぞれを測定することで、身体能力を高めるためのトレーニング課題を明確にすることが出来ます。
title-spm-turn
spm-turn
球技などで必要な、素早い方向転換の能力を測定します。短い距離での鋭いブレーキと加速を、光電管を用いて正確に測定し、敏捷性を調べます。直線を走ることとは違う能力が必要となります。
title-spm-throw
spm-throw
回旋動作のパワー発揮能力向上のためなど、多くのトレーニング現場でおなじみの、メディシンボール。投球における従来の評価基準「飛距離」だけでなく、「スピード」「筋力」「パワー」を数値で確認できます。

b_simple_4_0L

測定結果(サンプル)

診断結果には運動偏差値と、被験者の運動能力特性にあわせた運動アドバイスが提示されます。

自分は何をトレーンングすべきなのか?バネ力?ジャンプ力?パワー?それともスキル?

自分の強み、弱みを把握して更なる進化を目指そう!

Copyright(c) 2015 SPORENGTH, Inc. All Rights Reserved.